私達は分からず屋?

練習始めに、指揮のN先生、「この指揮棒、団員の〇〇さんに塗り直してもらったんだよ、ほら全体が白くなったの、わかります?」とおっしゃいました。それは、最近の新曲、私達が拍取りできずにバラバラなところを合わせるために、先生の指揮棒が譜面台を相手に「カツ、カツ、コンコン」…あまりにも増えたようで、部分的に色が落ちてしまってのことなのでした。

 

え〜っ!そうだったのですか…大切な指揮棒をなんとも申し訳ないことをしてしまいました。知らなかったとはいえ、先生もカツカツ、コンコンとさぞかしお手に響いていたと思うと、練習不足を色んな理由にしてすみませんっ‼︎

 

となれば、指揮をよく見て…と思いながら…あらら譜面上で迷子、反省しかり…

 

練習曲も秋のコンサートと合同演奏と、両方の曲合わせて約20曲近くでしたので、本当に密度の濃い⁉︎  2時間でした。

来週はお盆休みですが、皆様、セミの鳴き声に負けず、またまた練習に励みましょうね!

 

午後は自主練習と称して…数人のメンバーさんと共に先生にご指導いただきました。私のパートは今日は一人で臨みました。出だしも、ソロ部もヒョロヒョロ演奏になってしまい、先へなかなか進めず、先生はじめ皆さんをじらしてしまいましたっ!いつも周りに頼っているんだなぁと、痛感…ですが…皆さん優しくて…楽しかったです!アンサンブル楽し‼︎

 

以上、本日お当番の

ピンチヒッターさん

から投稿いただきました

秋のコンサート:ポスター

秋のコンサートのポスターが出来ました。

役員会のタイムテーブルでは本日7月30日がポスター制作期限。それに間に合って、ホッと一息。

 

今回のポスターの目玉は

1.N先生編曲の「パリの空の下」をモチーフにしたイノシン画伯の絵

2.真ん中チョイ下にさりげなく表示した青空の青いロゴ

3.おいでいただく方の利便にと張り込んだ駐車場の図

です。

 

 

コンサートが始まるまでずーっと表示できるよう、ホームページ右側に掲載することにしました。

 

2 と 3  は画面で見るには小さいかもしれません。近日中にお披露目となる実際のポスターをご覧ください。

G

 

 

続きを読む

今日の練習風景

練習が始まる前に確認や打ち合わせや演奏などがアチラコチラで見られた。(添付スケッチは練習開始前の青空練習風景を描いたものです)

 

指揮の先生はお休み。代わりにサックス氏が棒を振られての練習。練習曲は先ず毎回指慣らしをも兼ねて弾くカノンで始まる。続いて、10月に控えた「全シ連全国大会」での演奏候補曲5曲(新世界より、パリの空の下、乱れ髪、君をのせて、マイアミビーチルンバ)を弾く。その後は9月30日に決まった「秋のコンサート」の演奏候補曲13曲の中から10曲(サントワマミ、青い山脈、碧空、夜のタンゴ、エルチョクロ、ジェラシー、オーシャンゼリゼ、恋、真珠採りのタンゴにラ・クンパルシータ)を弾く。残りの3曲(オレグアッパ、上を向いて歩こう、美空ひばりの世界)は時間切れで次回へ。

 

いつもの午後の自主練習は無かったが、自主練習がある時と同じように一緒に昼食する(今日は6名が参加)、情報交換したり語ったりと過ごす。練習が終わった頃パラパラと落ちる程度だった雨は、その後、集中豪雨となって土砂降りの状態。昼食を終えて店を出る頃でも雨はまだ激しく降っていた。自宅玄関前までI氏が車で送ってくれたので、楽器も本人も濡れずに済んだ。ありがたかった。

イノシン

青空のロゴ

青葉はやがて紅葉し...

でも、われらが「青空」では朱のものが青くなって...

 

ことの発端は第2回定演に協賛社を募ったことでした。いただいた協賛金に領収書をお出しすることになり、それには相応の印が要るということで、会計役の Fl-T さんは、お嫁さんがデザイン・作成の消しゴムハンコをご用意くださり、それを「朱」に押印して。それを Asax-U さんが得意のパソコンで大きさを整え「青」いロゴに進化させてくださいました。

 

続きを読む

思えばこの一年

な~んにも知らないブログ子に、Fl.Uさんは参考書を、Mdn.Hさんはお知恵をお貸しくださるなど、皆様のご協力を得て始めましたホームページも一年余の時間を過ぎました。

 

未だこれを取り扱う知識に多大なる不足あり、制御不能となることも多々あり。で、今までを振り返りつつホームページ各所を見返しておりましたところ古いブログ記事が見られないことが分かり、新たに「ブログーその昔」を付け加えてそちらで見られるようにしました。画像がでかいのが難点かもしれませんが。

 

ブログをお読みいただく皆様には、ご不満やご提案がございましたらお知らせください。

対応する(「できる」とは言えませんが)よう努めますので。

G