団内コンサート

第二回目の団内コンサートが行われました。

団長さんの素晴らしい演奏それぞれ皆さんの素敵な演奏最後の先生のカッコいい演奏、私のこんな演奏で大丈夫?と思い本番になり止まる事もなくサラ--と普段間違えないところで間違えたり、強弱も何もなくただ終わった感じです。

先生が最後に暗譜しないと、ちゃんとした演奏が出来ないので、10曲位は出来たほうがいいとお話しされて、まずは一曲から頑張らなければ!和やかな雰囲気で楽しい演奏会もいつもの美味しいお弁当でお開きになりました。

また来年の演奏会楽しみにしてます。

lemon

第二回新春団内演奏会

いつもより30分早い集合で、ピアノを移動等、テキパキと会場作り。

 

折り紙のくじを引き、

演奏順が決まったところで、

伴奏合わせ&音出しへ。

ウォームアップが終わり、

演奏会開会🎵

 

団長の挨拶の後、

トップを引き当てたのは、いつも穏やかな面持ちで、リズムセクションを担う、ギターのTさん。今日は、奥様も、お越しになられ、じっくりお聴きになられていました。素敵なプレゼントになったことでしょう🎵🎵

 

今回はソロの演奏ということで、団員一人一人にスポットが当たります。

演奏曲目も多彩で、

 

『プログラム』は、

 

  1.  ギターコンチェルト RV93 (ヴィヴァルディ)

  2.  ハ長調の主題と6つの変奏曲より、主題,、第一・第二変奏曲 (デ・カール)

  3.  アルペジオーネソナタ (シューベルト)

  4.  月の砂漠 (佐々木すぐる) 

     Work song (アダレイ)

  5.  リベルタンゴ (ビアソラ)

  6.  ピッコロ協奏曲より、2楽章 (ヴィヴァルディ)

  7.  シチリアーノとリゴードン (クライスラー)

  8.  夢のあとに (フォーレ)

  9.  情熱大陸 (葉加瀬太郎)

10.  里の秋 (貝沼実)

11.  愛の讃歌 (モノー)

12.  幻想即興曲 (ショパン)

13.  協奏曲イ短調作品3-6、第一楽章 (ヴィヴァルディ)

14.  グリーンスリーブス (イングランド民謡)

 

皆さん、最初は、少し緊張した様子でもありましたが、演奏が終わった時の笑顔はいつにも増して晴れやかでした。

 

また、今回、陰の立役者は、大多数の団員をピアノ伴奏で丁寧に支えて下さった、団長Kさんでしょう。

私の場合、転びそうになったところを、然り気無く手を差し伸べていただき、何とか最終小節迄たどり着いたように思えます。感謝×感謝です。

 

団員の演奏後、N先生のクラリネットでの特別演奏に魅了され、また、春の日差しのように暖かな、団員の演奏への講評をいただきました。

青空メンバーに大人気のお弁当を食べ、話にが咲くうちに和やかに幕を閉じました。

 

これからは5月の定期演奏会に向けて熱の籠った練習が待っていることと思います。これからも、こんなに素敵なメンバーと楽しい音楽の時間を共有できる幸せを感じながら過ごした時間でした。❗🎵

 

Violet

 

続きを読む

SE団員の為の楽器知識-その13:コントラバス

新年になり配られてきた全シ連「響」66号に、久々当楽団にもある楽器の解説が掲載されました。

 

え? もう読んだって。そう言わず、もう一度読んでみてください。

 

+++++

 

コントラバス (Cb)

 

コントラバスはチェロに較べて呼び名が長いので、「ベース」「コンバス」又は「エレキベース」と区別するために「弦バス」と呼ばれたりしています。

 

続きを読む

新年最初の...

練習日は1月5日

 

いつものように三々五々と集まる団員が交わす新年のご挨拶の声が、やがて楽器の試奏の音に代わってゆくと、寒かった館内の空気も暖かく感じられ、団長の年頭の辞で本年の練習の始まり、始まり~

 

このところご無沙汰していた「パッフェルベル・カノン」が久々に開始の曲となりました。うん、手応え、あり過ぎかも。12月とは異なり、5月の定期演奏会に向けた曲を順に、且つ、念入りにご指導いただく N 先生、今年も宜しくお願いします。

 

今年から楽譜が紙版での配布から、PDF版での配布に順次代えてゆく方向付けだと、楽曲担当の U さんが「バッハの世界」「スクリーン・ワルツ・メドレー」2曲のパート譜を配布しながらお話ありました。さてこれで定期演奏会の曲のほとんどの楽譜が出揃ったようです。あとはそれを練習するだけ.....ってそれが一番の課題かな。

 

皆様、本年も宜しくお願い申し上げます。

G

今年最後の...

12月22日は今年最後の練習日でした。

いつものように集まり、準備をして、始まりました。

名誉団員 S さんの MC も入って 24 日の賛助出演の予行演習を終えた後は、新曲をザっと。

 

12月24日は今年最後の演奏会、倶楽部グリー主催クリスマスコンサートへの賛助出演です。

12:00からのリハーサルは淡々と真面目そのもの。

お昼のサンドイッチをいただいてから着替えなど準備を整え、満を持してイザ本番。

 

碧空

日本民謡メドレー

コーヒールンバ

虹の彼方に

ラ・クンパルシータ

マイアミビーチ・ルンバ

 

演奏は順調、いつもより早いテンポで進んだ感じです。

続く倶楽部グリーの合唱の最後に全員で歌う

ふるさと

の伴奏を務めて、本日の演奏を終えました。

 

聴くところによれば倶楽部グリーはメンバーの高齢化もあり、演奏会活動は今年が最後とのことでした。お疲れさまでした。

 

多くの皆さまにご協力をいただき本年もブログを続けることができましたこと、御礼申し上げます。

良いお年をお迎えくださいますよう。

G