第3回新春団内演奏会

1月18日は練習ではなく団内演奏会が行われました。


会場は初めて利用する玉造公民館。その2階の会議室は広いスペースでグランドピアノが設備されていて、お借りしたワイアレスPA装置のマイクを Vln H さんが持って来てくださったマイクスタンドに取り付け、S 団長が演奏者の立ち位置を粘着テープでバッテンして、用意はできました。

 


さあ、前半の始まりです。
1、Vc O さん [久しぶりに長駆ご参加いただきました]
   ボッケリーニのメヌエット (Luigi Boccherini)

2.Fl I さん
   川の流れのように (見岳章)

3.Fl M さん
   精霊の踊り (Christoph Willbald Gluck)

4.Mdn I さん
   マンドリンコンチェルト (Antonio Lucio Vivaldi)

5.[A.Sax U さんはエントリーいただきながらもインフルエンザで不参加でした、お大事に。]

6.Cl S さん
   朝日のごとくさわやかに (Sigmund Romberg)

7.Fl M さん
   金婚式(Gabriel Marie)


5分間のコーヒーブレークとあと後半が始まりました。


8.Gt ブログ子
   モナ・リザ (Jay Livingstone)
   居酒屋の面々 (Stephane Wrenbel)

9.Vc T さん
   リベルタンゴ (Astor Piazzolla)
   アメィジンググレース (アイルランド民謡)

10.Vc S さん
   無伴奏メヌエットI,II (Johann Sebasitian Bach)

11.Pf K さん
   愛の夢 第3番 (Franz Liszt)

12.Fl S さん
   歌の翼による幻想曲 (Henri Steckmest)

13.Vln S さん
   To Love You More (David Foster)

 

 
終了後、N 先生に講評いただき、総じて良いと最初におっしゃったのが耳に残りました。その後に続いたお言葉は、次回に向けてのハゲマシということで.....

G

2019年 練習初め

新年 明けましておめでとうございます。  
本年も よろしくお願いいたします。

             

初練習会が、1月11日(金)八生公民館で行われました。

全団員が揃い、そして、新団員(Fl)の方も加わり、和やかに練習会のスタートです。
                              
練習会前半は、来週開催される「新春団内演奏会」のギター、ピアノでの伴奏合わせを、部屋を二つに区切って行われました。わたしは、5人の方のピアノ伴奏をさせていただきます。皆さん真剣に取り組み、どの曲も素敵です。私もソロ(♪愛の夢)を練習しないと!!
皆さん、叶えたい「夢」はありますか?

さて、初練習会は、先生、団長のご挨拶の後、練習開始。定期演奏会曲の一曲一曲を細かく丁寧にビシバシ!Σ( ̄□ ̄指導していただき、充実の二時間でした。
 
そして、この日の“びっくりポン”は、朝渡された、偉大なるN先生編曲♪ピアノ協奏曲第一番 第一楽章(チャイコフスキー)♪のピアノ譜。 
 先生が編曲したものを、楽譜にしていく作業は、青空楽団音楽プロデューサーのサカナ氏(Sax)とブログ子氏(Gt)です。大変な作業だとお察しいたします。ありがとうございます。感謝、感謝です。

 

原曲を短縮した版になっているようですが、  ピアノ譜は17ページある〰️〰️。誰が弾くのか?…私しかいない?((T_T))
五周年定期演奏会でご披露できるのか、奮闘物語、はじまり~はじまり~               
応援  よろしくお願いいたします。

 

KoKo(^-^)

 

今年、最後の練習日・最後の訪問演奏会

  12月21日は、今年、最後の練習日であり、最後の訪問演奏会の日でもあった。
  午前の練習は訪問演奏会での10曲目に絞っての練習。N先生の和やかながらも細やかで丁寧なご指導。


  昼飯は、午後からの日程を控えて、練習会場の講堂にテーブルを並べて全員で会食。役員の方々が用意したサンドイッチにコーヒーとデザート。これからの演奏会のことは、ひと時忘れて、のんびりいつもの団員間の和やかな歓談。忘年会とは言えないが、一年の締めくくりに、やや相応しい場になった。


  食後、団員の車に分乗して、訪問先のニチイ・ケアセンター成田へ。


  施設では、サンタクロースに扮したスタッフもいて、クリスマス・モード。広間には、入居者の方々が早々といっぱい集まって、私たちを待っていて下さった。
  演奏に入ると、指揮のN先生のお人柄とユーモアあるお振る舞い、 Hさんの親しみのこもった司会が、会場の皆さんの笑顔や笑いと相まって、演奏会を盛り上げた。Vc.のSさんの美声に合わせ、皆さんの合唱やマラカス振りや手拍子で、ステージとフロワーが一体となり、その場は賑やかで楽しい空間となった。
  帰りには、お土産に、手づくりのハンドタオルのお人形を団員全員に。そして、'ありがとう'、'またきてね' の文字で私たちを見送って下さった。演奏の上手な人は上手なりに、下手な人は下手なりに、私たちの演奏を楽しんで頂いたことに、感謝の思いで、施設をあとにした。  

 

yutanpo

 

(上の写真に加え、ニチイケアセンター成田の職員の方に沢山の写真をお撮りいただきましたので、次のページにも掲載しています。)

続きを読む

楽譜

「青空」での練習時団員の並びは概ね3列で、ブログ子は一番後ろの列にいることが多いですね。
前を眺めていると、皆さんの楽譜の保存や取り扱いの方法は次のように様々だと分かります。


(1)まず1番バッターの例では、1曲毎に楽譜が製本されています。もうこの道数十年の手慣れた手法でしょう、ご自分の使うパート譜はページを捲るところに休みの小節が来るようにパソコンの記譜ソフトを使って再編成し、"業界標準" ともいえるテープ製本がなされています。また、指揮者用フルスコアは数十ページになるものもありますが、同様に綺麗にテープ製本なさって下さいます。

 

続きを読む

夢中になれる事

今年もあと2回の練習と1回の訪問演奏で、終わりです。今年も頑張りました。毎週金曜日9時30分から練習開始ですが、みなさん9時過ぎにはほとんどのメンバーが揃っています。朝の忙しい時間必死で家事をやり、終わらない時は昼に帰り続きをすませ、また自主練に向かいます。ほとんどのメンバーが自主練も参加しています。とっても頑張る成田シニアです。定期演奏会まであと5カ月まだまだと思ってもあっという間に過ぎてしまいます。もっと早く真面目に練習しておけば良かったと、いつも後悔しています。私にとって難曲が3曲ほど、1カ月1曲しっかりできれば間に合うかな?と軽い気持ちですが、それが出来ないですよね。その前に団内演奏が1月にあり、頭の中はいつもアンサンブルの事を考えています。こんなに1つの事に夢中になれるなんて幸せ😃💕ですね。あと10年この楽器を続けられたら、どんなに上達出来るでしょうか?それを期待しつつまずは団内演奏に向けて、頑張ります。

レモン