音色が大事

4月21日金曜日、今日も定演の全曲をN先生とU氏のご指導でみっちり練習、「美しく青きドナウ」はゆっくりしたテンポで入り、長〜い曲の最後までどうにか集中力を切らさず行き着きました。

問題は「星に願いを」。ノリのいいスウィングで格好良く決めたい所ですが、なかなか合いません。残す練習日は3回、頑張らねば!

練習の後、総会、滞りなく終了しました。

 

いよいよ第2回定期演奏会が近づき、青空では役員の方々が準備に奔走し、奮闘してくださっていて、ただただ感謝です。

 

私といえば、此の期に及んで、回らない指と格闘し、はたまたチューナーの助けを借りて音程をチェックしている始末!クラシックはメロディーが美しいほど演奏は難しいし、臨時記号も多くて泣かされます。とくに、間奏曲は最初の8小節がお客様の心を掴むかどうかを決めることになるのですが、お客様より私達が泣きたいところです。

そうそう、先週の自主練の時、N先生のおっしゃったことですが、アンサンブルは音色が大事だそうです。多少音程が悪くてもお客様にはきれいな音が心に響くと。

 

多少音程が悪くても???

これを音程の悪さの逃げ道にはするまいぞ!

気を引き締めて行こう!

 

それで、まずは来週、楽器のメンテナンスに行くことにいたしました。

〔メンテナンスの問題じゃないのはわかっているのですが..〕

 

青空のみなさん、

演奏会前に楽器のお手入れ、抜かりなくしましょう🎶

 

by sugar & milk

0 コメント

あと1ヶ月

春たけなわ…今年の桜は随分と頑張ってくれました(≧∇≦)

 

まだかまだかと咲き誇るのを待っていたら、東京の桜は早かった…そして先週末は雨…だけど、話題の目黒川の桜を愛でて参りました(≧∇≦)

 

曇り空でも桜はいいですね…

続きを読む 0 コメント

SE団員のための楽器知識-その4:ギター

「シニアアンサンブル」の特色は五線譜を演奏できる楽器はなんでも参加できるということがひとつです。伝統的なクラシックの室内管弦楽には異色のピアノ・キーボード・ギター・マンドリン・サックスなどが多彩な音楽表現を可能にして、演奏する側にもそれを聴く側にも新鮮な喜びをもたらしています。またシニアの苦手な音程やリズムをリードする役目を果たしています。この素晴らしい楽器構成を考えた人は称賛に値します。

 

続きを読む 0 コメント

SE団員のための楽器知識 - その3:フルート

[3] フルート

 

管楽器の中で一番人気の高いフルートはその原型の歴史は古く、古代エジプト・メソポタミヤ、中南米の遺跡から発見されている。

 

近世に入りバッハの頃より管弦楽に多用されるようになり、モーツァルトやビゼー等の名曲がよく知られている。19世紀に入り、木管を金属管(洋銀、銀、金、プラチナ等)に替えることによりメカニズムの改良も加わり、音の輝きや遠達性を向上させるなど大きく変化してきた。但し、材質による価格差は大きく、洋銀製は10万円以下もあるが、金・プラチナ製は数百万円のものもある。SE団員は通常銀製を使用している例が多い。

 

続きを読む 0 コメント

今日の練習風景より

午前中は先生はお休みだったので、いつも色々とアドバイスを戴いているUさんの指揮にて練習。

先生同様に細かいところまで指導を受けて終えた。

 

皆でテーブルを囲んで昼食後、午後からの自主練習では用事先から先生がわざわざかけつけて戴き、時間一杯まで定演の演奏曲順に練習をしました。

実り多い一日となった。

 

添付した練習風景は午前の練習の様子を一絵に描いたものです。

イノシン

 

0 コメント